ハワイアンジュエリーを学ぶ

ハワイアンジュエリーの情報が満載!

ハワイアンジュエリーの選び方

ハワイアンジュエリーの選び方 ハワイアンジュエリーを購入する場合は素材を選ぶことから始まります。
素材はゴールドやプラチナ、シルバーが主流となっていますが、純度が高ければいいというわけではありません。
純度が高いと柔らかく仕上がるため、普段使いでは何かと支障が生じてしまいます。
状況に応じた素材選びが必要不可欠です。
ハワイアンジュエリーの結婚指輪では、しばしばプラチナや14金が用いられます。
安定した硬さに仕上がるので、普段から着用できるメリットがあるからです。
一方で、普段使いしない指輪については純度の高い18金や24金を用いても良いでしょう。
ハワイアンジュエリーの選択で最も重要なポイントとなるのがデザインと言えます。
オリジナリティを出すことができるのがハワイアンジュエリーの醍醐味だからです。
基本的な選び方は、販売店にて準備されたモチーフの中から選択することです。
このモチーフにはちょうど花言葉のようにそれぞれに意味が籠められています。
パートナーや家族への思いをジュエリーに刻みこむこととなりますので、意味を正確に把握しながら慎重に選ぶことが必要となるでしょう。
なお、職人によって彫り方が大きく異なりますので、販売店にてサンプルのチェックは必ず実施すべきです。
この際、どのタイプの指輪(バレルやフラットなど)が一番しっくりするかを、実際にはめてみて確認することをおすすめします。

こだわりのハワイアンジュエリーは手彫りのものがオススメです

こだわりのハワイアンジュエリーは手彫りのものがオススメです ハワイアンジュエリーには、型に流し込んで作るタイプと手彫りのタイプがあります。
両者を比較すると、細部まで仕上がりが美しいものは前者の方です。
しっかりとしたメーカーが作っているものであれば、型どったタイプでも仕上げで綺麗にするのでそれなりに高級感はあります。
しかし、やはり手彫りの方が細かい細工をすることができるので見栄えが良いです。
また、オーダーメイドならデザインを自分の好みにしてもらうこともできるので、こだわりのハワイアンジュエリーを購入したいなら手彫りがオススメです。
初めて購入する場合は、モチーフをどれにすれば良いか悩むこともありますし、オーダーメイドにするならどこを拘るべきか分からないこともあるでしょう。
そんな時は、店員と相談して決めると初めてでも満足できるリングを買うことが可能です。
手彫りは高い印象を持たれますが、中にはそれでも手頃な価格で手に入れられるお店もあるので、予算に限りがあってもオーダーメイド品を買うことはできます。